忍者ブログ
HOME Admin Write

淡々とした日々

毎日何か感じたことや、思うところがあることを書き綴っていきます

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 調剤薬局と聞くと少々わかりにくいですが、医師の書いた処方箋に従い、薬を実際に処方する場所になります。病院に行くとお薬は外の薬局でと言われますが、その薬を処方してくれる薬局、ということですね。
 いつの頃から院外にて薬を処方するようになったか覚えていませんが、今では院外処方が当たり前になっています。

 薬の処方は薬剤師の方のみが行なうことができるもの、ということもありますから、調剤薬局はそれに特化した場所ともいえます。そこの事務調剤薬局事務となりますと、一般の事務とは異なるものを求められるのは当然でしょう。
 薬剤師は高度な専門職ですので、薬の処方・調合などへ専念するという方も多くいます。そこで、一般的には調剤薬局事務の人がいて、調剤薬局で必要となる他の諸業務をフォローすることになります。

 こういった特殊性がありますので、やはりといいましょうか。調剤薬局事務にも技術を認定する資格が存在します。ただ、国家資格というわけではありませんので、資格がなくとも調剤薬局事務として働くことは十分にできます。
 資格があれば就職に有利ではあるでしょうが、調剤薬局事務は経験を重視するところもあるようなので、一概に資格があるから就職できる、とは言えないでしょう。

 ただ、現状におきましては調剤薬局事務の人にはレセプトという書類の作製を求められます。このレセプトですが、作製するとなりますと専門的な知識が必要になってきます。
 調剤薬局事務の資格では、このレセプトを重視しているようですので、資格があればレセプトの知識はある程度ある、と見てもらえるでしょう。
 こうしてみますと、資格は自分が勉強したことをダイレクトに現せるもの、ということになりますね。
PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア


最新CM


最新TB


プロフィール

HN:
栄 元明
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索


P R


Copyright ©  -- 淡々とした日々 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]